学資保険とはどのようなものか

学資保険とは教育資金が必要になるであろうという時期を計算して、その時にまとまった給付金を受け取ることができるように毎月保険料を収めるタイプの保険です。給付金を受け取る時期は子どもが高校入学や大学入学といった時期に合わせて契約時に設定します。中には死亡保険金や病気などの治療にかかる給付金がおりるものもあります。また、子どもの成長の節目にお祝い金として給付金を受け取ることができるものもあります。契約者が万が一亡くなった場合は、基本的にはそれ以降の保険料が免除されることになっています。このように将来必要になるであろうという資金の為に保険料を納めるので、貯金の意味で入ってもいいかもしれません。私にも子どもがいますのでいくつか比較して学資保険に入りましたが、いろんな保険会社から商品が出ていますので比較検討すると自分に合った保険が見つかると思います。

学資保険への加入を推奨する理由とは

お子さんがいらっしゃる人にとって一番頭が悩ましいこととして教育費ということを頭に真っ先に想像する人も多いのではないでしょうか。私自身も教育費に関しては計画的に積み立てるようにしているのです。その中で力強い味方になってくれるものとして学資保険の存在があるのです。そこで今回はそのような面に注目をして話をしていきたいと思います。学資保険とはそもそも一体何なのかと思っている人もいるかもしれません。それは積み立て式の保険であり、満期を迎えたときに大きな金額を受け取ることができるのです。満期としては、中学を卒業するときであったり高校を卒業するときに設定している人が多いと聞いたことがあります。つまり進学を視野に入れている場合にそのような保険に加入をする傾向が強いのです。もしも親御さんの中で教育費について心配をしている人は加入をしてみてはどうでしょうか。

学資保険で少しは安心出来るかな

我が家には小学生の子供が二人います。子供が生まれる時に、主人の独身時代からおせわになっている生命保険会社の方に勧められて学資保険について知ることが出来ました。それまで名前しか知らず、内容については興味もありませんでした。二人の子供の月齢が小さいうちに加入すれば、保険料がお得でずっと変わらないとの説明もあって一人目の子供の時は生後間もなく加入しました。二人目の子供の時は、実家への里帰り出産をして自宅での生活に戻るまでに数か月かかってしまった為、加入が遅くなってしまいました。確か、保険料が上がってしまうぎりぎりの日数だったと記憶しています。子供の成長に合わせて、節目節目にお祝い金がもらえることにも魅かれましたが、今のところ引き出しをせずにそのまま保険会社に預けてあります。満期の18歳を迎えた時に一緒に支払いをしてもらうことが可能なのでその選択をしました。

幼児教室に通うメリットは、一番は情報の多さだそうです。 願書の書き方、面接指導、試験内容の予想などは実績のある幼児教室ならではの情報と言えるのではないでしょうか。 幼児教室の伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 そんな噂に左右されないためにも、いい幼児教室を見つけたいものですね。小学校受験なら幼児教室の伸芽会をおすすめします!

コメントを残す


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top