学資保険の選び方のコツ

学資保険の選び方について、提案します。銀行に貯金すればよいんじゃないの?と言われるかもしれませんが、学資保険は、銀行の定期預金よりもずっと率がいいのです。それはどうしてかといわれると、子供が大きくなるまでの15~20年間、長く預けておくものだからです。しかも銀行の預金には、保障がつきませんが、学資保険には保護者の死亡保障がついている場合がほとんどです。内容によっては医療保険などがついているものもあります。ではどのように選べばよいのかといわれると、これはご家族の生命保険や医療保険の内容にもよって違ってきますが、できるだけ支払額から、もらえる額が多くなるもの、つまり満期になったときの率が良いものがいいです。100%を割るもの、いわゆる元本割れするものはもったいないので、保障の内容と率の良さを見て決めることをおすすめします。

学資保険として終身保険を活用しよう

学資保険と名前のつく保険がさまざまな保険会社から多数出ているので、いったいどの商品を選んだら良いのかわからないと言われる方も多いのではないでしょうか。学資保険は、保護者の死亡保障や医療保険などがついていて、高校や大学、結婚などの子供の成長に合わせてかかる費用を貯めていく保険です。貯める金額も様々ですし、いつまでに満期になったらよいかも各家庭によって違いますが、多くは大学進学時に最も費用がかかるといわれています。率が良くて死亡保障がついているものなら、終身保険を学資保険がわりにかけていくものがおすすめです。金額を200万や300万に設定して、満期になるときをお子さんの高校卒業時や中学卒業時に合わせておくのです。ちなみに契約者は保護者です。率が多いものがあるのでおすすめです。支払も児童手当をこれにあてておけば、家計の圧迫もありませんね。

学資保険は子どもの未来とささえる杖です。

学資保険は子どもの未来とささえる杖です。学費は年々上昇しています。子ども一人にかかる費用も年々上がっているように思います。こういう状況で子どもを大学まで通わせるのは本当に大変なことです。しかし、それはなかなか大変です。では、どうするのかということなんです。この時、学資保険は非常に支えになってくれるのです。子どもが勉強したいという思いをお金の事で実現できないということは、できるだけ避けたいものです。我が子に、できる限りの教育を受けさせたいという親の気持ちは共通だと思います。そういうことを実現できることが、どれだけ素晴らしいことなのかということなんです。そういう教育を受ける糧となるものがあるということが本当にいいことではないかと思います。自分の息子や娘にしっかりした教育を受けさせたいという人には必要です。

コメントを残す

*

Top