学資保険は、親の子供に対する愛情です。

学資保険は、子供がいる世代には、必須です。不透明な時代に必要なのは、教育です。大学に行くにしても、専門学校へ行くにしても、必要なのは資金です。子供の将来を応援してあげることは、親の使命であり、楽しみでもあります。子供一人が、大学まで修了するのに、約1千万掛かると言います。親の世代も、働き盛りとはいえ、家のローンを抱えていたり、経済的に厳しい歳頃です。学資保険は、子供の進学の歳に合わせて資金を積み立てることができます。また、育英資金としての保障もあるので、万が一、親が死亡しても、資金が払われる仕組みです。損害保険の機能もあるので、いたれりつくせりの感があります。北欧諸国のように、子供に掛かる全ての資金を、国が保障してくれればいいのですが、日本では、親の肩に子供の将来が、ずっしりとのしかかっています。備えあれば憂いなしです。

学資保険に入るメリットは貯蓄にあります

学資保険に入るメリットはどういった所にあるのでしょうか。教育を受ける為にはやはり学校に行かなければなりませんよね。しかし学校へ行くにしても高い費用がかかるのは間違いありませんよね。その高い費用を捻出する為に節約をしたり、あるいは、貯蓄をしている方は多いのは間違いありませんよね。しかしここでご両親が、なかなか、貯蓄が出来無い場合もあるのではないでしょうか。例えば貯蓄をしていたとしても、突然の出費が必要になるかもしれませんよね。そうなれば、どうしても、教育費を貯めていたとしてもちょっとそれを崩してという風になる場合も多いのではないでしょうか。そうであるならば、やっぱり、なかなか、貯蓄が難しくなるのではないでしょうか。しかしそれを防ぐ為にはどうすれば良いのでしょう。その場合は学資保険が良いでしょう。それならば、安定的に貯蓄と同じ結果を得られるでしょう。

学資保険で貯金を増やす

とある主婦の方が、学資保険を上手に利用して、貯金をふやしていき、一戸建てを購入したという話をしていました。その方は、一戸建てを購入するのにいろいろな節約術を考えたそうです。その中のひとつが、この学資保険を利用するというやり方だったそうです。学資保険は、返戻率が良いものがおおいです。実際に支払った金額よりも手元に戻ってくるお金は、少し上乗せされて帰ってくるので、満期になる時期をうまく計算して利用していけば、その方のいう通り、子供の教育の為いがいにも使用することができると思います。普通に銀行へと貯金していても、今の時代、たいして利息もおおくいただくことはできないので、そういった方法を利用していく方が、頭の良いやりかただと思いました。私も、そういった貯金方法を頭にいれておき、機会があれば利用したいです。

コメントを残す

*

Top